冬になるとどうしてもトイレの回数が増えてしまう、という方男女や年齢問わず多いと思いますが、なぜ冬場になると頻尿になる方が増えてしまうのでしょうか。

寒くなると頻尿になる原因

 


冬の頻尿にはいくつかの原因があります。
まず一つ目が夏場など暖かい時期に比べると、汗をかく量が減るため体内に水分が多く残ってしまうためです。補充する水分量が少し暖かい時期と変わらなくても、汗の量が違えば体内に多く水分がたまるため、排尿活動が盛んになるのです。

他にも冬場は手足がよく冷えて血液が先の方まで回らなくなり、中心へと集まるようになります。
それでは体に負担もかかるため、その血液量を減らそうとするため頻尿となるのです。
そして冬は寒さや冷たさが脳への刺激となることが多いので、交感神経の働きが活発になり尿を出そうという働きも強くなってしまうのです。冬になるとこれだけの頻尿の原因が出てくるので、多くの人が悩まされてしまうのです。

寒いときの頻尿対策

 

ではこの冬の頻尿には何か改善できる対策などはあるのでしょうか。
まず一番行いたい頻尿対策としては下半身を温めることです。
下半身を温めることにより血液の流れて行く量を偏らせないため、排尿を頻繁に起こさなくて済みます。
体を温めるということはとても大切なので、冬場の頻尿が辛いという方は、できるだけ手足などを積極的に温めるようにしましょう。

そして体内に水分を多く含んでしまわないように、少し汗をかけるぐらいの、軽い運動を行いましょう。
運動することで血流も良くなるので、尿の回数も落ち着きます。
冬場は運動不足にもなりやすいので、軽いウォーキングや散歩などで少し汗をかいてみましょう。そして寒さへの刺激ですが、できるだけ体を温めることしか対策はありませんが、運動なども取り入れてみると改善できるかもしれません。
ただ頻尿対策の中で一番やってはいけないこともあります。

まず頻尿の原因として水分が体に溜まってしまうからとありましたが、だったら摂取する水分量を調整すればいい、そう思う方もいるのではないでしょうか。
実はこの行為、とても危険でリスクも高いため決して行ってはいけない対策なのです。
体から水分が減ってしまうと脱水症状を起こす可能性があります。

あまり汗をかいていないから、と極端に水分量を減らすと血液もドロドロになり血管が詰まる可能性も否定できません。
また以外に体は冬でも乾燥することが多いため、夏場のような脱水症状を起こす場合もあるのです。
汗をかかなくても乾燥はするので、注意が必要なのです。
困った冬場の頻尿ですがしっかりその頻尿の原因がわかれば、どのように改善すればいいかもわかりますよね。
日常生活に支障が出ないように、しっかりと頻尿対策を行い冬を乗り切りましょう。

頻尿対策といえばやはりノコギリ課長も愛用しているノコギリヤシがおすすめです、ノコギリ課長は冬でも回数は減りましたし、夜中も起きなくなりました。まぁ個人差があるかもしれませんが試してみる価値はあると思いますのでノコギリ課長のような、頻尿、おしっこが出にくい、出るまでに時間がかかる、勢いが無い、夜中に起きる・・・というような症状の方は一度お試しください。

「ノコギリヤシPURE」の効果は? 良い点も悪い点も暴露!