男性は50代を過ぎると前立腺が肥大し始めるリスクがあります。50代を過ぎたあたりからと言われていますが、30代でも40代でも年齢に関係なく、前立腺の肥大化のリスクは抱えているかもしれないのです。加齢とともに起こることなので仕方がありませんが、前立腺肥大に効果のありそうな食材などで肥大化を予防しましょう。

まず前立腺肥大のリスクを持つ男性はメタボリックシンドロームの方が多いと言われています。日頃からの食生活が脂肪分や塩分で偏っている男性はメタボだけではなく、前立腺肥大にも注意が必要となるのです。また前立腺肥大が進むと尿道や膀胱を圧迫するため、頻尿や尿が出にくい、また残尿感などの症状が現れ始めます。ひどい時には圧迫により尿道が塞がれて、排尿ができない状態になることもあるのです。その場合にはすぐに病院へ行かなければならなくなってしまいます。
このように危険を伴う前立腺肥大、できるだけ予防できるように自己管理も必要となります。まずは食事内容を見直すことからも始めたいのですが、前立腺肥大に効果のありそうな食材も取り入れてみるようにしましょう。

前立腺肥大に効果のありそうな食材

 

前立腺肥大に効果のありそうな食材としてあげられるのがヤマイモや納豆、そしてレバーや牡蠣なども効果が期待できると言われています。ヤマイモにはムチンと呼ばれる成分が含まれているため、この成分が男性ホルモンの活性化を促し前立腺の肥大化を予防してくれるのです。また納豆に含まれる大豆イソフラボンも肥大化の抑制効果があると期待されています。

豆腐などの大豆食品でも大豆イソフラボンは摂取できるので、取り入れてみましょう。そして牡蠣やレバーに含まれている亜鉛には男性ホルモン活性化の効果が期待できます。そのため前立腺肥大の予防効果も期待することができる食材でもあります。このように前立腺肥大の予防に効果が期待できる食材はたくさんあります。昔ながらの和食もメタボ予防や改善につながるので、これらの食材を含ませた食事内容を心がけるようにすると良いでしょう。またこれらの食事を摂取することが難しい場合には、サプリメントなども補助食品として取り入れてみるようにしましょう。ひどくなってくるととても怖い前立腺肥大、食事だけでも改善することで肥大化も食い止める効果が期待できるのです。病院へ行くのが怖い、億劫、恥ずかしい、そういった気持ちもあるかもしれません。ですが危険なことには変わりないので、病院へ行くまでに前立腺肥大に効果のありそうな食材を取り入れながら食事の見直しを始めていきましょう。

ノコギリ課長と同じような症状のある方は、ノコギリヤシも飲んでみてくださいね。

「ノコギリヤシPURE」の効果は? 良い点も悪い点も暴露!