ノコギリ課長もこれには悩まされました・・・残尿感。その名の通りおしっこをしたにもかかわらず、どうもスッキリしない、10分くらいするとたまらなくなりまたトイレへ行く、出ないのかと思ったらこれがまた出るんですね。また10分くらいすると行きたくなる・・・前立腺肥大の場合、頻尿と残尿感はセットみたいなもんです、ホント仕事になりません。ノコギリヤシでこんなことは無くなりましたが、いったいどうしてしまったのか・・・ちょっと調べてみました。

 

checkbox07残尿感の主たる原因

 

1、前立腺炎
前立腺炎はどちらかと言うと30歳~40歳代の若い世代に多い病気です。前立腺の中に細菌が入り炎症を起こすタイプと長時間のデスクワークや、長時間のドライブ、自転車・バイクなど、前立腺への刺激で起きるタイプがありますね。また、疲労やストレス、深酒など体の抵抗力が低下している時に起きやすいです。炎症ですので抗生物質の投与でほとんど場合治ってしまいます。

2、膀胱炎
膀胱炎は尿道から細菌(大腸菌が多い)が膀胱内に入り炎症を起こす病気です。どちらかと言えば女性の方がかかりやすい病気と言えます。本来、膀胱内にはある程度の細菌がいるのですが、疲れが溜まった時やストレスを抱えている時などに細菌が増殖し炎症を起こします。無理にトイレを我慢したり、水分を減らしたりする事も膀胱内の菌が増殖して膀胱炎になりやすくなる原因ですね。ちなみに前立腺肥大の人はおしっこを我慢してはいけませんよ、出なくなると困りますので。

3、神経因性膀胱
これはあまり残尿感の主たる原因とは言えませんが、脳梗塞や脳卒中、腰椎間板ヘルニア、パーキンソン病などにより、脳からの膀胱や尿道への指令が正常に伝達できなくなることで起こる残尿感です。まぁ、こういう時もあると言うことで原因の一つに入れてみました。

4、前立腺肥大
前立腺炎のように抗生物質を飲めば治ってしまう・・・と簡単にいけばいいのですが、簡単にいかないのが前立腺肥大。徐々に1回で出し切れなくなり尿が残るようになってしまう症状です。実際に残尿があるので、酷くなると膀胱に結石ができやすくなり細菌感染を起こして最終的に腎盂腎炎(じんうじんえん)を発症してしまうことがあります。実際に残尿があるということなので頻尿とセットとなります。また、残尿で膀胱が満杯になると腎臓にも影響して『腎機能障害』を起こす危険も出てきますので要注意です。

 

 

残尿感にも色々な原因があるようでノコギリ課長も勉強になりました、幸い腎臓まではいってないようですのでホッとしています。残尿感も侮れないですね、症状のある方はノコギリ課長おススメのノコギリヤシを早く飲んでみて下さい、あ~、もうぜんぜん違いますよ。

kochira ノコギリ課長おススメのノコギリヤシのレポート