過活動膀胱とは?

 

過活動膀胱というのは排尿筋の異常により自分の意思とは関係なく勝手に収縮し、強烈な尿意と我慢ができない状態になる病気です。自分の意思とは関係なく・・・ということなので尿意を脳に伝えにくくなるということ。尿を漏らしそうになり、トイレに駆け込む尿意切迫感という状態になります。また1日に8回以上トイレに行きたくなったり夜中に何度もトイレに起きるのも過活動膀胱の症状です。

尿意切迫感

夜間頻尿

切迫性尿失禁

 

過活動膀胱には、脳と膀胱(尿道)を結ぶ神経のトラブルで起こる「神経因性」のものと、それ以外の原因で起こる「非神経因性」のものがあります。神経のトラブルが原因の場合は脳卒中や脳梗塞などの脳血管障害、パーキンソン病などの脳の障害、脊髄損傷や多発性硬化症などの脊髄の障害の後遺症などがありますのでノコギリヤシを服用しても収まらない場合は病院にて検査した方がいいです。

非神経因性のものの代表として前立腺肥大があります。女性の場合は加齢や出産によって膀胱・子宮・尿道などを支えている骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることが原因のようですが、男性の場合は前立腺肥大を疑ってみた方がいいです。まずはノコギリヤシを飲んでみて頻尿がましになるか、変わらないかで判断できますが、ノコギリヤしにはホルモンバランスの乱れをケアする働きもありますので、試してみる価値はあると思います。


ノコギリ課長の飲んでいるノコギリヤシPUREはヨーロッパの医薬品と同じ472mg配合されていますので、過活動膀胱の方や前立腺肥大の疑いのある方にはいいと思います。他社のノコギリヤシサプリは大体ノコギリヤシエキスが320mgとその他健康によさそうなものが配合されていますが、まずは医薬品と同等のものを服用した方がいいと思います。ノコギリヤシPUREはお医者さんに相談できるサービスもありますので、これを飲んで収まらないようであれば相談すればいいと思いますよ。

詳しくはこちらのレポートを読んでみてください。
「ノコギリヤシPURE」の効果は? 良い点も悪い点も暴露!